夢みがち。

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | pookmark |
幸せだったよ。
070601_2315~0001.jpg
夢を見た。
大好きなちぃが
名前を呼ぶと振り向いてくれたちぃが
どんなに呼んでも
叫ぶ位名前呼んでも
振り向きもせず
走っていなくなっちゃう夢。

あいつがいなくなってから数日後の夢。

きっと…もぅ帰って来ないんだなと確信した。

ちぃ、ここしばらくご飯も食べられない位弱ってて。
なのに外に行きたがって。
もうどうにもならないのかなとは思ってた。
最後位看取ってやりたいと思ってた。
でもやっぱり気付いたら外行っちゃって。
帰って来なくて。

そんな時に私の見る夢は
自慢じゃ無いが結構当たる。

変に確信があった。
諦めがついた。
もぅ十数年生きてるからそろそろ寿命だし
動物は人間よりは生きられないし。


でもやっぱり信じたくないんだ。
ひょっこり帰って来るんじゃないかと考えてしまう。


文字にしちゃうとどうにもならなそうで避けてたけど
やっぱケジメは必要だよね…


ちぃ、今までありがとね。
お前と一緒に過ごした時間は
本当に幸せだったよ。
大好きだよ。
忘れないよ。

あんまり泣くと心配するだろうけど
たまに思い出して泣くのは許してね。

ありがとね。
| 夢日記 | comments(0) | trackbacks(1) | pookmark |
車と虹と。
JUGEMテーマ:

夢の中で私は自分の車に乗ってどこかの駐車場に居た。

辺りは薄暗い。多分夕方位。

しばらくすると前からライトをつけた一台の車。

私の車の前に停車。

その車は停車したのにライトを付けたまんまだった。

眩しいなぁ〜誰だよ?とよく見たら私の師匠だった。

私はすぐに車を降りて師匠の所へ行き

「何でライト付けっぱなしなんですか?」

と聞いてみた。すると師匠は自分の車のライトのところを指差し

「ほら虹…」

という。

そんなところに虹なんて…と半信半疑で見てみると確かに小さくはあるが虹が出ていた。

しばらく見ているとその虹は消えていった。


そんな夢。
| 夢日記 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
聞いてませんよ。
JUGEMテーマ:

今日は休みだったので一人コタツでウトウトしてたんですが。
もう少しで寝る!!
っていう時に金縛りにあい。
っても自分、金縛りとかよくかかるんで。
思春期にはよくなるっていうし、疲れててもなるっていうし。
まぁ思春期はとうに過ぎましたが。だから疲れてるんかなと。
何にしろ、霊的なもんではないと思われ。
で、ねっむいなぁとかそのままウトウトしてて。

しばらくそのまま動けず。
そしたら何か夢なのか何なのか
「聞いてるが?聞いてるが?(方言すんません)」 
って頭の上の方から何回もしつこく言われてる感じするんですよ。
で、私は
「聞いてません!聞いてません!!」
って言ってる(念じてる)んですよ。

んでしばらくして動けるようになったんで
そのままお昼寝しました(笑)

なんか身内の方っぽかったんですよね。言ってる人が。
もしかしてじいちゃん!?
とか思いつつ。

だったら聞いてあげれば良かったな。
でもあんまりいいイメージじゃなかったんですよね。
何だろな。また事故るのかな。気をつけよ。

そんな夢っていうか夢うつつなお話。
| 夢日記 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
スウェットと好きな人。
JUGEMテーマ:

夢の中で私は海外の何十階建てとかいうめっちゃでっかいデパートっぽいとこにいた。

しかも上下スウェットで。

しかもしかも元好きな人と。

買い物したかったんだけど円しか持ってないから

円からドルに変えるとこ(ここなんていうんでしたっけ?)を探して

エスカレーターを一緒に仲良く(ここポイントww)

上ったり下りたりしてた。

だたそれだけの夢。


それにしても今更彼の夢かよと。

まぁその人、私が好きだった頃の面影が全く無くなってて

寧ろ別人の域だったんですけどねwww

ちょっと切なくなってたのは内緒(ぁ)
| 夢日記 | comments(3) | trackbacks(0) | pookmark |
宅急便とおじいちゃん。
JUGEMテーマ:

夢の中で私は居間のコタツで寝ていた。
ウトウトと惰眠を貪っていると玄関で物音。
どうやら宅急便(多分黒い猫さん)らしい。

「すいませ〜ん」

と人を呼ぶ声。家には私しかいない。
行って荷物を受け取らなきゃ!!
と思っているんだけど眠くて眠くて体が動かない。
もう居留守使っちゃおっかなとか思っていると
私しかいないはずの家で誰かの足音。
「はい。」という返事。
それはなんと…

うちの亡くなった祖父だった。
「今誰もいなくて」
とか言いながら荷物を受け取ってくれてた。
しかもそれが2回ほどあった。
起きろよって話。

そんな夢。

私、たまに亡くなった祖父や曾祖母の夢を見る事がある。
亡くなった人の夢って何かメッセージがあるって聞くけど
今までそんな意味有りげな夢を見たことが無かった。
今回も特に意味ないよなぁ。
と、母となんだろねって話してた。

その夢見た次の日。
私、死にかけた。リアル危険だった。
でも無事だった。

で、こじ付けかもしれないけど、今回無事だったのはきっと
祖父が守ってくれたおかげだと思っている。
夢的には警告とかだったのかなぁなんて。

とにかくじっちゃん、超感謝!!!
| 夢日記 | comments(4) | trackbacks(0) | pookmark |
猫とみかん。
JUGEMテーマ:

この間、家の居間のコタツで猫をお腹に乗せてウトウトお昼寝してたら見た夢。

夢の中で私は居間に居た。
一緒に居たのは愛猫2匹。
その中の一匹がみかんを食べていた。
しかも自分で剥いて。
そして2切れ私に差し出した。
きっと食えということだろう。
私はそんな毛だらけの手で差し出されたのは
食べる気しないわぁと思ってた。
でもそのしぐさとかがめさめさ可愛くて身悶えていた。
あと、2本足で立ってた。家の猫。

そんな夢。
きっと腹に乗っけてたからそんな夢見たんでしょうね。
| 夢日記 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
違反。
JUGEMテーマ:

夢の中で私は運転をしていた。
いつもの道。
いつもの交差点。

交差点に差し掛かって直進しようとした時、信号が黄色に。
すっごいギリギリで渡り切った。
というか若干危うい感じ。

やっべぇなぁと思ってたら案の定、上手い具合にパトカー登場。
「そこの車停まりなさい!!」
後ろからランプ光らせながら追ってくるパトカー。

現実世界で免停食らったことのある私は
「やっべぇ〜また免停だ(汗)どうしよう……」
と半泣き状態でこのまま逃げようか停まろうか悩んでるところで目が覚めた。

そんな夢。

ほんんっとに今回ほど「夢でよかった!!!!」って思った夢はありませんでした。

この夢見て起きたのが午前3時という時間だったんですが
あまりのドキドキさにしばらく寝付けませんでしたww

因みに一回免停とか食らっちゃうとね、(確か)一年位はちょっとの違反行為でも
すぐ免停とかになっちゃうんですよね……皆さん、お気をつけ下さい(ぇ)
| 夢日記 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
青春。。。
JUGEMテーマ:

夢の中で私は…今回は明らかにただの部外者。

夢の主人公は「親指優也」という今をときめく若手人気俳優、17歳。

外見はジャニーズにいた小原君を17歳にした感じだった。


優也は最近仕事が忙しくて学校に行けていなかった。

(今日、1時間目体育だ…今まで1回しか受けてない…)

と思った優也はマネージャー(派手系美女)に学校に行かせてくれと頼み込む。

しかし、現在スケジュールはいっぱい。答えは勿論NOだった。

そんな学校に行きたくても行けないという日々が続き、優也はストレスで

スランプに陥っていた。

何故、こんな仕事をしているんだろう…辞めてしまいたいとまで考え始める優也。

その日の仕事はドラマのロケ。

ぼーっと他の役者さん達の演技を見つつ考え込む。

すると、どこからか女の子がやって来てサインを頼まれた。

サインをする優也。女の子は嬉しそうにそれを見つめながら

「私、優也さんのファンなんです!!これからも頑張ってください!!」

と、この一言で何だか吹っ切れた感じのする優也。

そして出番。スランプ脱出!!

そんな夢。


何だか書いててよく分からなくなってきた…
取りあえず青春ドラマな感じの夢でした。
| 夢日記 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
うぇでぃんぐ。
最近、ちょっと結婚式関係のバイトを始めたんです。
んで、初仕事の前日に多分緊張し過ぎた為に見た夢。

夢の中で私はバイト先に行くために制服(ってもスカート、ベスト、蝶ネクタイ)を
着て、バイト先である結婚式会場に向かっていた。

会場に着き扉を開けると沢山の知り合いが。一斉に視線を注ぐ奴ら。
?が浮かぶ私。同じバイトしてるFが寄って来て
「yu、何でそんな格好してんの??」
と、問い掛ける。
「だってバイト…」
「え、今日yuの結婚式じゃん!?」
「知らないんだけど…」
「サプライズだよサプライズ!!早く着替えて〜」
そっか、サプライズかとそこで納得する私。

会場を追い出され別室で化粧やら何やらを施され、結婚する相手と
仲良く手を繋ぎ改めて入場するため、扉の前に立つ私。
そこで目が覚めた。

そんな夢。

因みに相手ですがうまい具合に首から上が見えなかった。
取りあえず手がやたらにデカイ人だなぁという印象だった。

もしかしたら運命の相手だったかもしれん。
顔見たかった……因みに現実で結婚予定などございません(涙)
| 夢日記 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ブンブンブブブン。
夢の中で私は夜の道路を一人で歩いていた。

ふと、遠く、後ろのほうでなにやら賑やかな音がする。

しばらくは気にしないで歩いていたのだが

その音がどんどん近づいてきているので

私は後ろを振り返ってみた。

するとそこには何十台という数の五月蝿くてピカピカした単車が

こちらに向かって爆走してきている所だった。

私は唖然としてそれを眺めていた。

そんな、ただそれだけの夢。



……なんだけどこの夢、珍しく視点が「自分」だったんですよね。

大体の夢って第三者視点っていうのか「自分」が登場して

それをまるでテレビのを観るかのような視点で見てるってのが多かったので。

個人的にはレアな夢でした。
| 夢日記 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
マンゴー
☆注意☆
コメント、トラバは大歓迎ですが余りにも関係ないと判断された場合、 独断と偏見で削除いたします。あしからず。 あと、夢日記について、「意味わからねぇ!!」という苦情は受け付けません。 本人ですら意味はわかりませんので。 そういったものだと思ってお読み頂けると幸いです。
RECOMMEND
M.E.R.R.Y.
M.E.R.R.Y. (JUGEMレビュー »)
メリー
れとろっく。
RECOMMEND
遠まわりする雛
遠まわりする雛 (JUGEMレビュー »)
米澤 穂信
青春ミステリ。
古典部シリーズ大好きです。
LINKS
PROFILE
モバイル
qrcode
SPONSORED LINKS